斎藤会計事務所ブログ

活用したい男性育休~男性育休の助成金~

男性育休の推進  昨今男性育休をとらせる流れが進んでいます。昨年度の男性育休取得率は過去最高の5%台を記録しました。政府は2020年までに取得率13%を目指しています。三菱UFJ銀行は、2歳未満の子供がいる男性行員に、育児休暇を年1か月取得することを義務付ける方針を打ち出しました。人手不足の今、優秀な人材を集める狙いもあるようです。   1日でも育休をとるとその効果は  育児休業制度では>続きを読む

~小規模事業者持続化補助金~販路開拓のための補助金です

小規模事業者持続化補助金とは  経営計画に沿って実施する販路開拓等の取り組みに対し、原則50万円を上限に補助金(補助率2/3)が出る補助金制度です。   補助対象者は下記の通りです  ・卸売業・小売業  ・サービス業(宿泊業・娯楽業以外)   ⇒常時使用する従業員の数5人以下    ・製造業その他  ・サービス業のうち宿泊業・娯楽業   ⇒常時使用する従業員の数20人以下 &n>続きを読む

住宅取得等資金に係る~贈与税の非課税措置の拡充~

贈与税の非課税措置とは  父母や祖父母などの直系尊属から、自己の居住用住宅の新築・増改築等のための資金を贈与によって得た場合、一定の金額まで贈与税が非課税になる制度です。消費税率が10%になるのにあわせて、非課税枠の拡大がなされました。拡大後の非課税限度額は以下の通りです。     ※期間内でも税率8%適用・個人間売買等の場合は拡充前の上限が適用となります。    「>続きを読む

企画の作業スケジュール

 企画の作業スケジュールは、言うまでもなく、「⑧実現のための具体策」を「⑨スケジュール」に落とし込み、企画の具体的内容を、時間軸(月・週・日など)に割り付けた表示を言います。   【企画シートのレイアウト】(現物はA3判)    このスケジュール表示によって、企画作業のスタートからゴールまでの道筋と達成時点が明確化され、作業チーム自身のスケジュール管理と企画責任者等への進度実績>続きを読む

消費税改正に向けた~次世代住宅ポイント制度とは?~

消費税率引上げに対しての政策  消費税率の引上げが行われると、引上げ前の駆け込み需要の後、需要は大きく低下します。この需要変動に対して、特に「内需の柱」と位置付けられている住宅関連投資の反動減を少しでも軽減させようと、消費税率10%の際には住宅ローン控除等の既存制度に加えて、ポイント制度を新設しました。それが「次世代住宅ポイント制度」です。対象となる建物は2019年10月1日以降に引渡しを行うもの>続きを読む

消費税改正に向けた~すまい給付金のおさらい~

すまい給付金とは?  増税後の税率が適用される住宅ローン控除対象の住宅取得について、増税負担を軽減してくれる現金給付が受けられる制度がすまい給付金です。8%への増税があった2014年4月からスタートし、10%への増税もあることから、2017年12月までだった実施期間は2021年12月までに期間が延びています。 また、2019年10月1日から消費税率が10%になるのにあわせて、すまい給付金の内容も拡>続きを読む

企画実行の具体策

 企画実行の具体策は、企画シートのレイアウト上、下図のように「⑦成功要因」と「⑧スケジュール」の間に位置づけられています。    【企画シートのレイアウト】(現物はA3判)    また、⑦~⑨の3項目は「⑤基本構想」「完了時の姿」「⑥目標」を受けて、それらを実現するための作業です。   企画実行・実現の具体策発想方法  従って「⑤成功要因・ハードル解除策」を実現できる>続きを読む

2019年注目の勤務間インターバル助成金

勤務間インターバル導入コースが拡充  働き方改革法案の1つ、勤務間インターバル制度努力義務化がスタートしました。それに伴って4月より「時間外労働等改善助成金 勤務間インターバル導入コース」の助成金額が最大100万円に倍増しました。   どんな助成金なのか  長時間労働を是正するため、勤務終了後9時間以上の休息時間を設ける「勤務間インターバル制度」を会社の規則にすることによって働きやすい会>続きを読む

人材が定着する会社とは

退職者の埋め合わせの時間やコストも増大   近年、転職者が年間300万人を超え増加傾向が続いています。一方で少子化が進み企業は恒常的な採用難、人手不足という現状があります。2019年2月の転職市場は求人数が4か月ぶりに最高値を更新しました。新卒者も転職者も非正規社員も採用できない人手不足倒産も出ています。そこで、採用が困難なら今いる社員に長く働き続けてもらうことを考えてみましょう。   >続きを読む

企画の成功と失敗要因

 企画の内容の検討に入る前の段階で、成功要因と失敗要因(ハードル)を予測し、成功要因の獲得策・ハードル解除の方向性を検討しておくことにより、目的・目標の達成確率を高め、さらに目標を超える達成の可能性まで手中にすることができます。   【企画シートと成功要因確保・ハードル解除】(現物はA3判)   成功要因獲得策の検討方法  企画を成功させる基本は、①~⑥まで検討してきた事柄の中>続きを読む

ご相談・ご予約はこちら!ご連絡をお待ちしております!

0120-725-722

メールでのご相談はこちら