斎藤会計事務所ブログ

立法趣旨の是非が問われる

配偶者居住権譲渡課税の配慮は収用だけ?  民法の配偶者居住権制度の今年4月1日からの施行開始に向けて、税制改正としては、すでに昨年早々に相続税法での評価規定新設と措令での小規模宅地特例の適用可化があり、今年は収用の場合の5000万円控除等の配慮規定への適用可化が用意されました。    しかし、配偶者居住権等に係る所得が譲渡所得課税の対象なら、配偶者居住権等は当然にも居住用の財産なのだから>続きを読む

総合課税譲渡資産でも控除可?

通達と解説で課税のあり方を開示  配偶者居住権に係る敷地利用権は、分離課税の「土地の上に存する権利」には該当しない、というのが新しく出された措置法通達の中身です。    土地に関係する権利ではあるが、借家権の場合と同じなので、その譲渡対価は当然に総合課税の譲渡所得になるとしています。    最近公表の「令和2年度税制改正の解説」にも、配偶者居住権の消滅による所得は総合課税の譲渡>続きを読む

遺族年金の生計維持要件

厚生年金保険加入中の死亡  家族が亡くなった時、死亡した人に生計を維持されていた遺族は遺族年金を請求できます。例として厚年年金保険加入中の夫(43歳)が死亡、妻43歳、子10歳が残された場合で見てみます。    夫が被保険者期間中の死亡の場合、遺族厚生年金が支給され、さらに子のある配偶者として遺族基礎年金も支給されます。    この両方を受けられる遺族は、被保険者が死亡した当時>続きを読む

解明待ちの「土地の上に存する権利」

小規模宅地特例と配偶者敷地利用権  相続税に於ける小規模宅地特例は、「土地又は土地の上に存する権利」について適用されるとしているので、配偶者居住権に基づく敷地利用権が「土地の上に存する権利」に該当しなかったら、小規模居住用宅地特例の対象にはなりません。   昨年、令和元年度政令改正  昨年は、租税特別措置法では配偶者居住権について特別な改正をしていません。それにも拘わらず、配偶者居住権に>続きを読む

譲渡不可だが譲渡所得

税法は傍若無人か  民法の配偶者居住権は譲渡できないことになっているのに、税法は民法の規定を無視して、譲渡可能資産として扱い、譲渡所得課税規定を強引に作っている、という印象がないわけでは、ありません。そんなもつれた糸をほぐしてみたいと思います。   「譲渡できない」は譲渡禁止ではなくて  配偶者居住権については、民法に「譲渡することができない」と規定されていますが、これは譲渡を禁ずるとい>続きを読む

カレンダー上の祝・休日と会社の休日は同じではないの?

正月休みはカレンダー上の休日ではない?  関与先で働く外国人から「周囲の人たちの話を聞くと1/2-3は休業日らしいが、カレンダーではそんな記載はされていない。何を参照すれば休日がわかりますか?」という質問がありました。当たり前と思っていた正月休みも確かにカレンダー上は祝日ではありません。どんな背景でしょうか?   国民の祝日と行政機関・銀行の休日  国民の休日は「国民の祝日に関する法律」>続きを読む

解雇予告手当の所得税と関連社会保険や労働保険の手続き

解雇予告手当は退職所得  コロナ禍の収束が見えない中、雇用調整助成金の活用などで何とか凌いできた企業でも、後は人員削減しか手はないといった段階に進んでしまうところも少なくないものと危惧されます。新聞紙上でも、「○○社(=名の知れた大企業)で希望退職○○人募集へ」などといった記事が目につきます。    新型コロナウイルスの感染拡大による経営危機を理由に解雇やリストラが行われる場合も、通常の>続きを読む

台風で休んでも給与は発生する?災害時の労務管理

突然の災害! その時社員は…  日本は、災害列島と表現されることもあるほど、自然災害の多い国です。    日本各地で発生する地震や台風、豪雨、津波、噴火などの厳しい自然災害は、私たちに突如として襲いかかり、日常生活を大きく変えてしまいます。    災害に備え、いざという時に慌てないためにも、日頃から避難経路の確認や防災用品の備蓄を心掛けたいですね。    ところで、も>続きを読む

国境を越えた役務の提供を受けた場合の消費税の会計処理

「電気通信利用役務の提供」の消費税課税  同じ役務提供を受けながら、提供者が国内か国外かで消費税の課税対象となるか否かに違いのあった不備を是正したのが、平成27年10月1日以後適用の「電気通信利用役務の提供」にかかる税法の改正でした。国外からの「もの」の譲渡であれば、輸入時に消費税が課されることで提供者の国内外の差はなく、この差異の是正もありました。    同役務には次のような取引が該当>続きを読む

中小企業支援施策~IT経営簡易診断のススメ~

IT経営簡易診断とは  中小事業者の生産性向上にはIT化は必須です。中小企業基盤整備機構は専門家とのヒアリングを通して、経営上の課題や業務の課題、現状の業務の進め方、IT活用状況を把握し、課題解決の方向性を検討します。そこから経営課題と業務課題の可視化と解決に向けたITの活用可能性を無料で提案しています。生産性向上のきっかけとしてご活用ください。   ※専門家は、ITコーディネーターや中>続きを読む

ご相談・ご予約はこちら!ご連絡をお待ちしております!

0120-725-722

メールでのご相談はこちら