斎藤会計事務所ブログ

新型コロナウイルス感染症に対応した医療従事者に慰労金を交付

 新型コロナウイルス感染症の拡大防止・収束に向け、医療機関の医療従事者や職員の方々は心身に大きな負担がかかる業務を続けられています。このような方々に対し、慰労金が支給されることとなりました。   慰労金の内容  重点医療機関、新型コロナウイルス感染症患者の入院を受け入れる医療機関、帰国者・接触者外来設置医療機関、PCR検査センター等、都道府県から役割を設定された医療機関等に勤務し患者と接>続きを読む

災害を受けた時の損失の取扱い

今年も多い豪雨災害  今年も日本各地で豪雨によって被害を受けている地域が多くあります。被害に遭われた方に、お見舞いを申し上げます。    災害の多い日本には、災害被災時の税の特別措置も数多く用意されています。今回は法人の災害被災時に損金となるものについて、横断的に見ていきたいと思います。   災害関連の損失・費用はだいたい損金に  災害が発生したことにより発生した損失や費用は、>続きを読む

軽減税率制度に関する簡易課税制度の届出の特例

消費税率引き上げ時の経過措置  税率3%で導入された消費税率は、5%、8%と引き上げられ、令和1年10月1日から標準税率が10%とされています。    過去の増税時にも税率引き上げに伴う経過措置が取られてきました。たとえば、施行日前後の取引にかかる税率の適用関係等、旅客運賃等・電気料金等・工事の請負等・資産の貸付・通信販売等の税率等に関する経過措置などです。    今般の税率引>続きを読む

「在職定時改定」の導入~在職者の老齢厚生年金が毎年増額~

老齢厚生年金額の改定  今年6月に公布された年金機能強化法の改正により、令和4(2022)年4月以降、「在職定時改定」が新たに導入されることになりました。    現行では老齢厚生年金の受給開始後も被保険者として就労した場合、資格喪失時(退職時または70歳到達時)以外に老齢厚生年金の額が改定されることはありません。    そのため65歳以降も就労し厚生年金被保険者として保険料を納>続きを読む

レジ袋の有料化と医療費控除

令和2年7月1日からレジ袋の有料化義務  2020年7月1日から、すべての小売業でレジ袋の有料化が義務化されました。医療機関を受診後に交付される、処方箋で薬を購入する際に、調剤薬局が薬を入れる袋も、対象となっています。   レジ袋は医療費控除の対象となるのか?  調剤薬局では、薬代とレジ袋代が別々に会計されていますが、レジ袋代も医療費控除の対象となるのでしょうか?    (1)>続きを読む

進む働き方改革~制度導入のポイントは~

多様な働き方ができる時代に  時間や場所にとらわれない柔軟な働き方ができるテレワークや、総勤務時間を変えずにラッシュアワーを避けて通勤をする時差出勤、社員が自由に出勤・退勤時間を決められるフレックスタイム制の導入など、新しい働き方が広がってきました。    これらは、近年政府が推し進めてきた働き方改革の一環として、労働生産性の向上や長時間労働の是正を目標に、大手企業を中心に浸透してきてい>続きを読む

アマゾン・ジャパンは合同会社

合同会社と株式会社   合同会社は株式会社よりも目にすることの少ない形だと思いますが、合同会社に出資する人達、つまり株式会社の株主と同じ立場の人達は、自分が出資した以上の義務は負わないという有限責任を負っていて、これは株式会社の株主と同じです。また合同会社の会計上の取扱いの違いもほとんどありません。   相違点は?  全体的に合同会社は株式会社に比べてより強い内部自治が認められています。>続きを読む

特別休暇の注意点と有効利用

決めておきたい付与ルール  会社の特別休暇といえば、法律上定められているわけではありませんが、制度があるところが多いでしょう。しかしながら絶対に定めなければならないものではないし、その事由や日数も色々でしょう。多いのは慶弔休暇制度が挙げられます。年次有給休暇を使用するようになっている企業もあるでしょう。このような休みにも、どのような時に何日くらい休めるのか決めておかないとトラブルになることがありま>続きを読む

不良在庫、寄附するか安く売るか

不良在庫はどうする  不良在庫とは、仕入れたり製造したりしたが売れずに在庫として長年にわたり滞留している商品や製品です。    通常は廃棄処分して除却損として経費に落とします。    しかし、不良在庫とは言え賞味期限切れや、品質は若干落ちるものの捨てるにはもったいないものあります。「もったいない」ということで寄附をした場合はどうなるでしょうか?   寄附をした場合は寄>続きを読む

令和2年度「全国労働衛生週間」実施

職場環境と健康管理の改善を  令和2年度「全国労働衛生週間」が、例年通り10月に実施されます。9月中は準備期間、10月1日~7日が実施週間です。(https://www.mhlw.go.jp/stf/newpage_12193.html)。今年のスローガンは、「みなおして 職場の環境 からだの健康」です。    「みなおす」の一つ目、職場環境については、化学物質に起因する労働災害の防止や>続きを読む

ご相談・ご予約はこちら!ご連絡をお待ちしております!

0120-725-722

メールでのご相談はこちら