斎藤会計事務所ブログ

遺品に刀剣があったとき

 父親が亡くなり、遺品の中に生前、大切にしていた刀剣が残されていた時、相続税の申告に向け、財産評価が気になります。   相続評価はどうなる  相続税法の財産評価は、時価主義を基本原則としており、書画骨とう等については、「売買実例価額」、「精通者意見価格」等を参酌して評価額を求めると規定しています。高価な美術品の場合は、美術年鑑などを参考にしてある程度は想像がつくかもしれません。古美術商な>続きを読む

2020年4月以降時間外・休日労働の上限規制が中小企業にも適用

時間外労働・休日労働の従来の規制  1日8時間、1週40時間(44時間の例外あり)を超える時間外労働は、いわゆる36(サブロク)協定を締結し、労働基準監督署に届け出ることで認められています。  従来、時間外労働は月45時間、年間360時間(1年単位の変形労働時間制の場合、月42時間、年間320時間)が大臣告示による上限とされ、決算や急な納期変更などの特別の事情がある場合、月45時間超の時間外労働は>続きを読む

(ご参考情報)新型コロナウイルス関連の補助金・助成金・融資について

お客様各位 令和2年3月25日 税理士法人 斎藤会計事務所   (ご参考情報)新型コロナウイルス関連の補助金・助成金・融資について    新型コロナウイルスにより経済の先行きが見通せない状況のなか、「新型コロナウイルス感染症に関する緊急対応策」が政府より公表され、日本政策金融公庫等に総額1.6兆円規模の金融措置が講じられています。    当事務所では、新型コロナウイル>続きを読む

小規模事業者向けの補助金です~持続化補助金活用のススメ~

小規模事業者対策として  小規模事業者には自社の商品を宣伝しブランド力を高めるといった共通の課題があります。しかし自社努力だけではなかなか解決できません。そんな事業者に最適な補助金で、地域の商工会議所や商工会の助言を受けながら計画を策定します。その計画に沿った販路開拓や業務効率に取り組めば費用の2/3が補助されます。補助上限は50万円です。   応募の要件  商業・サービス業(宿泊・娯楽>続きを読む

中小企業の生産性革命を応援します!令和元年度補正ものづくり補助金

中小企業支援策として  この時期の恒例となったものづくり補助金(令和元年度補正)の公募が開始されました。今回から通年で公募し、複数の締め切りを設けて審査・採択を行います。そのため、綿密な事業計画を策定し、事業者の都合が良いタイミングで申請・事業実施をすることが可能になりました。   具体的な内容   その他留意点  加点項目には成長性加点として、有効な期間の経営革新計画の承認を>続きを読む

成年後見制度と障害者控除

成年後見制度とは  不動産・預貯金などの財産管理や、介護などのサービスや施設への入所に関する契約の締結、相続が発生した場合に遺産分割協議などをする必要があっても、認知症や知的障害などの理由で判断能力が不十分になると、これらを自分ですることが難しくなってきます。また、判断能力が不十分になってしまうと、自分に不利益な契約であってもよく理解ができずに契約を締結してしまい、悪徳商法の被害にあう危険もありま>続きを読む

企業発行ポイントの所得税法上の取扱い

 最近ではポイント還元事業の影響もあり、企業が発行するポイントを取得する機会が増えました。このポイントは、所得税法上課税されるのでしょうか?   国税庁の見解  国税庁は、国税庁ホームページの「タックスアンサー」でこのポイントの課税上の取扱いを明らかにしています。  商品購入時の代金の値引きは、原則として課税対象となる経済的利益には該当しないという前提のもと、「一般的に企業が発行するポイ>続きを読む

コロナ延期の根拠規定

申告期限4月16日まで延長  首相の全国小中高一斉休校要請の2月27日発言のあった日、所得税の申告期限も4月16日まで延長されることになったとの情報が流されました。首相発言は、新型コロナ感染症対策本部での発言で、その末尾は行政機関宛てで、感染拡大抑制に必要な法案を早急に準備せよ、と締め括っています。申告期限延長はこれに応じたものです。  所得税の申告期限は3月15日と所得税法で定められています。な>続きを読む

未婚の方も対象にひとり親・寡婦控除の見直し

ひとり親も控除が受けられるように  令和2年の税制改正で、未婚のひとり親に対しても寡婦(かふ)控除と同様の所得控除が受けられることとなり、同時に寡婦控除にも改正が加えられることとなりました。  また、男女間に格差があった特別の寡婦控除が廃止され「ひとり親控除」として新設されます。   従来の寡婦(寡夫)控除との違い  今までの寡婦(女性)控除については、本人の所得が500万円超であっても>続きを読む

仮想通貨交換業者

仮想通貨の種類  仮想通貨の種類には最も有名かつ最初のもので2009年に出た「Bitcoin」があり、その他にも主なものとして2013年に出た「Ripple」、2015年に出た「Ethereum」があります。   仮想通貨の価格  仮想通貨は価格が激しく上下するため、通貨というより金融資産の側面が強いといえます。2019年後半の値動きを見てみると、Bitcoin、Ripple、Ether>続きを読む

ご相談・ご予約はこちら!ご連絡をお待ちしております!

0120-725-722

メールでのご相談はこちら