斎藤会計事務所ブログ

酒税の税率構造の見直しと日本ワインの表示ルール開始

ビール系飲料とその他の発泡性酒類の税率  ビールメーカーが税率格差を意識して新ジャンルの開発に力を注ぐ状況は、国際競争力の促進の足かせになるという指摘やクラフトビールへの関心の高まりなどの状況があり、平成29年の税制改正により税率格差の解消が図られています。具体的には、ビール系飲料は一律155,000円(1㎘当たり)に、その他の発泡性酒類は対象範囲をアルコール度数11度未満(改正前・10度未満)に>続きを読む

生産性向上特措法が6月6日施行「IoT投資減税」がスタート!

東京都主税局でAIの実証実験  平成30年5月から7月にかけて、東京都主税局で税務相談窓口のチャットボットの実証実験が行われました。  チャットボットとは、「対話(chat)」する「ロボット(bot)」の造語。AI(人工知能)を活用した「自動会話プログラム」といった方がわかりやすいかもしれません。      シンガポールの税務当局HPでも、納税者の問いに自動的に回答するバーチャ>続きを読む

許認可と社会保険

建設業者への加入促進対策とその結果  建設業者に対する社会保険の加入促進対策は数年前から進められていましたが、今後はより一層強化されます。  さかのぼること平成24年、国土交通省は、「平成29年までの5年計画で、建設業許可業者の社会保険加入率100%」を目標に掲げました。社会保険の加入義務化で労働環境の改善を促し、若年層の人材確保につなげることがねらいです。  具体的には、公共工事に入札する際に受>続きを読む

固定資産税は気を付けて

固定資産税は賦課決定  所得税や法人税は納税者本人が税額を計算し申告して税金を納めます。  それに対し、固定資産税は役所が不動産を一方的に評価して納税額を決め、それを納税者が納めます。   固定資産税にはプロがいない  お役所のやることだから間違いはないだろうと思いがちですが、結構間違いは多いのです。その原因は対象不動産に対して圧倒的に評価人員が不足しているということです。東京都の場合、>続きを読む

オフィスでの残暑バテ対策

9月は疲れの出る季節  今年の夏は全国的に猛暑が続きました。暦の上では秋でもまだ暑い日がしばらく続きそうです。少しずつしのぎやすい日は増えてきますが9月は油断禁物です。9月は一般的に「残暑バテ」と呼ばれる体調不良が生じる事が多いのです。症状は疲労感、だるさ、めまい、立ちくらみ、胃腸不調、微熱などが8月下旬から9月末ころまで続きます。エアコンに長い時間当たる事も体調に影響がありますが、エアコンが無け>続きを読む

評価方式の比較

 目標管理制度の目標達成度・達成プロセスの発揮能力・上位目標達成への貢献度評価において、被評価者の納得性を確保するために様々な方法が実施されています。   代表的評価方式  被評価者の納得性向上のため、企業が採用している代表的評価方法は次の通りです。      現状では「自己評価」が最も普及しており、「360度評価」・「相互フィードバック評価」の導入企業は部分的です。>続きを読む

派遣社員の3年ルール適用は10月1日から

労働者派遣法の改正  平成27年の労働者派遣法の改正から平成30年9月30日 で3年が経過します。10月1日からは、派遣社員の処遇向上を目的として派遣社員の受け入れ期間の上限が3年と定められた、いわゆる「3年ルール」が適用されます。  ※3年ルール…平成27年9月30日以降に労働者派遣契約を締結・更新した派遣労働者は、同じ事業所で3年を超えて働くことは基本的にできないというものです。  >続きを読む

滞納発生割合が国税庁発足以来最低の1.0%

滞納状況の公表について  国税庁は、滞納となったものについて滞納処分の実施などを行っており、その状況をとりまとめた「滞納状況」を毎年公表しています。なお、滞納とは国税が納期限までに納付されないもの全てをいうのではなく、納付されなかった後に督促状が発布されたものをいいます。   平成29年度の滞納状況 ●滞納整理中のものの額  平成11年度以降減少し続けており、平成29年度は8,531億円>続きを読む

公正な雇用制度

 日本では労働力人口減少を背景として、高齢労働者・女性労働者の雇用促進などの労働政策が進められ、企業においても60歳以降の再雇用制度や60歳定年制から65歳定年制への改定が進められております。   高齢者就業率の動向  総務省の「労働力調査」によると、高齢者(60~64歳)の就業者数は、2004年の「高年齢者雇用安定法(高齢法)」により、事業主に65歳までの雇用確保措置が義務化されたこと>続きを読む

セミナー:そこが知りたかったシリーズ③「1枚のシートですっきり作成 必ず成功する「経営計画」の立て方」

主催:公益社団法人杉並法人会  後援:杉並区   そこが知りたかったシリーズ③ 「1枚のシートですっきり作成必ず成功する「経営計画」の立て方」   【お伝えする内容】  経営計画は所詮「絵に描いた餅!」  そんな風に考えていませんか?    「会社を大きくしたい」「会社を存続させたい」という夢や使命。それを果たすコツは、5年後の事業計画を数字に落とし込みながら、今、何>続きを読む

ご相談・ご予約はこちら!ご連絡をお待ちしております!

0120-725-722

メールでのご相談はこちら