斎藤会計事務所ブログ

変化へ挑戦する力

 現代は“変化の時代”で、企業経営においても変化の波を避けて通ることは難しく、生き残り、存続するために、常に変化へ挑戦する力を持たなければなりません。  言い換えれば、変化を的確に洞察、予知し、対応策を講じて、自社にとって有利に活用するべきです。 事業環境変化の性質 事業変化の性質とは次の3点です。 ①   不連続性:過去の事業環境との間には断層があり、過去の経験にあぐらをかいていては乗り切ること>続きを読む

平成28年度地域別最低賃金

28年も上がった時給額 上げ幅最大  最低賃金とは国が賃金の最低限度額を定めた額以上の賃金を労働者に支払わなければならないと言う制度ですが最低賃金の決定は昨年も10月に発令されています。 比較可能な平成14年以降最大の上げ幅です。人口減により地方でも人手不足は深刻で最低賃金を引き上げて労働力確保を図る例が目立っています。中央最低賃金審議会は平成28年度の地域別最低賃金改定の状況を発表しました。都道>続きを読む

預貯金とマイナンバー

預貯金のマイナンバー管理 平成27年8月のマイナンバー法改正に伴い、国税通則法を改正し、銀行等に対し、マイナンバーによって検索できる状態で預貯金情報を管理する義務を課す、としました。ただし、9月9日に改正公布されていますが、3年内施行ということで、まだ施行はされていません。 現在ある預貯金口座とマイナンバー 銀行が個人の顧客に支払う利子の課税については、源泉分離課税で課税が終了することから、利子支>続きを読む

昇格・昇進の基準

 通常、年1~2回行なわれる昇格・昇進は人材育成の成果で、有能な人材を育成した結果として、企業経営を支えて活躍する機会を与え、かつ相応に処遇することです。 なお、昇格とは、等級制度における等級を上げることであり、昇進とは役職を任命することです。 昇格・昇進の審査基準 一般には、次に例示するような基準を設定して審査を行ないます。 [昇格基準] ①  直近1年間の業績・能力の総合評価が5段階A~EのA>続きを読む

急増するコインパーキング 無人駐車管理装置の耐用年数

急速に拡大するコインパーキング  コインパーキング(時間貸し駐車場)のビジネスは、平成18年の道路交通法改正により、駐車監視員による駐車違反の取締りが開始されたことに伴い、急速に拡大してきました。その一方で利用方法や料金などのトラブルも絶えないようです。  一般社団法人日本パーキングビジネス協会では平成26年9月に「時間貸駐車場における表示・運用に関するガイドライン」を公表しています。このガイドラ>続きを読む

65歳以降に年金受給を繰り下げした場合

老齢年金の受給を遅らせたい時  老齢年金の受給年齢になり、在職中の場合、60歳以降も収入が確保されるので年金受給しないで65歳に到達する場合があります。65歳でまだ年金を受給しなくてもいいと言う時、本来受け取れる年金額を増額したいと言う場合は年金の繰り下げ受給という制度があります。 65歳以降の支給停止調整額は月47万円  繰り下げするのであれば在職老齢年金も検討する必要があります。将来の増額分を>続きを読む

会社債務の連帯保証や担保提供 社長に支払う債務保証料

会社が社長に支払う債務保証料  会社が金融機関から融資を受ける場合に、社長を保証人とするよう求められることがよくあります。 このような場合、社長が会社の保証人となったのだから、会社は社長に対して保証料として相当の金額を支払ってもよいのではと考えるのは自然な発想です。 問題となるのは、その保証料の「金額」。過去の税務訴訟では、この保証料としての「相当の金額」が争われたものがあります。 信用保証協会の>続きを読む

同居していない兄姉も被扶養者になれる

被扶養者の認定要件が緩和  健康保険の被扶養者の認定が受けられる家族の範囲は3親等までの親族で被保険者が生計を維持していることが要件となります。そのうち一定の範囲の家族は同居している事も要件となります。その対象が兄や姉の場合は今までは被保険者本人と同居していないと被扶養者になれませんでした。平成28年10月からは法改正により、兄姉については同居要件が外されました。 被扶養者の要件  健康保険では被>続きを読む

棚卸資産の決算作業 共通する付随費用の配賦方法

棚卸資産の付随費用の配賦計算  種類の異なる棚卸資産を購入した場合、共通する付随費用を期末棚卸資産に配賦しますが、手間のかかる決算作業の一つです。 その配賦の「やり方」としては、具体的には、次のような方法が考えられます。 ① 購入代価の比で按分する方法 ② 購入数量の比等で按分する方法 ③ 購入代価の大きなもののみに一定基準により配賦する方法 ④ 付随費用を期末時に一括して売上原価と期末棚卸高の比>続きを読む

ご相談・ご予約はこちら!ご連絡をお待ちしております!

0120-725-722

メールでのご相談はこちら